固定電話を設置する理由|以前より変わらない通信方法

電話は会社の生命線

OL

事業を運用していくためには連絡手段として固定電話の設置をします。複数の電話を同時に受ける場合にはビジネスフォンの設置が必要です。その費用を抑える方法の1つとしてリースをするという方法があります。

More Detail

通信方式の違う海外携帯

男の人

海外で携帯を利用するためには、海外の通信方式であるGSM回線の利用が必要です。その回線方式を利用することができる携帯電話は海外でレンタルすることも可能です。また海外携帯であれば国によって繋がりにくいこともほとんどありません。

More Detail

有線ならではの安定性

サラリーマン

今では、携帯電話やスマートフォンの普及により、家に固定電話をおかない人も増えてきました。しかし、固定電話はなにかしらの契約の際に利用することもあります。例えば、固定電話があることで所在地の証明にもなり、ローンを組む際に必要とすることもあります。また、携帯電話やスマートフォンよりも繋がりやすいというメリットもあります。固定電話は電話回線を通して通話を行なう有線式です。そのため、電話回線が切れない限り、携帯電話やスマートフォンのようにつながらないといったことがありません。
今では、ネットが普及したことにより固定電話の通信手段でもネットが使われる方法が用いられるようになりました。その契約が現在のIP電話やひかり電話です。両者の違いは、IP電話はインターネット回線を利用して通信を行ない、「050」から始まる番号が特徴的です。一方ひかり電話は、インターネット回線の利用は同じですが、通常の市外局番を利用することができるメリットがあります。また、緊急電話の際ひかり電話であれば110番や119番につなぐことができますが、実はIP電話ではこの緊急電話につなぐことができません。どちらもインターネット回線を使うというところに違いはありませんが、市外局番や緊急電話に連絡できるかどうかに違いがあるため、こうした違いがあるのを覚えておきましょう。また、ひかり電話はキャッチホンやナンバーディスプレイが使えますが、IP電話ではナンバーディスプレイしか使うことができないので注意が必要です。

格安で携帯を利用する方法

男性

MVNOは格安でスマートフォンの契約をすることができるサービスです。しかし、直接携帯キャリアを通しての契約ではなく、それとは別に通信事業者が各携帯キャリアの回線を借りて独自のサービスを提供する方法です。

More Detail